カージナルスなどでプレーしたパワーヒッターのライアン・ラドウィック

頭が大きく、見るからにパワーヒッターという体格です。
兄のエリック・ラドウィックは広島で投げていたこともある投手ですね。

スポンサードリンク

ライアン・ラドウィックの打撃

02年にレンジャーズでデビューしたラドウィック。
08年カージナルス時代に29歳にして37本塁打を打つなどブレイクしました。

サヨナラホームラン。

パドレス時代のサヨナラホームラン。

古巣相手のサヨナラホームラン。

特大ホームラン。

スポンサードリンク

ライアン・ラドウィックの守備

外野の守備はレフトとライトを半々ぐらい守っていますね。

ダイビングキャッチ。

ホームラン性の打球をキャッチ。
若い頃は見た目の割に守備の評価も悪くなかった選手です。

打率.299 37本塁打 113打点のブレイクシーズンに匹敵する活躍はできなかったラドウィックですが。
珍しい左投右打選手で、37本塁打は左投右打選手のシーズン本塁打記録でもあったようです。
若い頃から機会を与えられていれば、また違ったキャリアになったかもしれませんね。

スポンサードリンク