史上最高のセカンドとも言われるスーパースターのロベルト・アロマー

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ロベルト・アロマーの守備や打撃。MLB史上最高のセカンドの1人

99年には打率.323 24本塁打 120打点とMVP級のシーズンを送っています。

父サンディ・アロマー・シニア、兄のジュニアも元メジャーリーガーの捕手ですね。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ロベルト・アロマーの守備や打撃。MLB史上最高のセカンドの1人

ノーラン・ライアンの7度目のノーヒッターで最後の打者となっているアロマーですが。
父とバッテリーを組んでいたこともあるようなので、ライアンは感慨深いものがあったでしょうね。

スポンサードリンク

ロベルト・アロマーの打撃

88年にパドレスでデビューしたアロマー。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ロベルト・アロマーの守備や打撃。MLB史上最高のセカンドの1人

MLB初ヒット。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ロベルト・アロマーの守備や打撃。MLB史上最高のセカンドの1人

MLB初ホームラン。
当時20歳にして新人王投票5位の活躍を見せています。
その後、90年オフにブルージェイズへトレードされスーパースターの仲間入りを果たします。

世界一を決めたサヨナラホームランでお馴染みのジョー・カーターも一緒に移籍しており、球団の歴史を変えたトレードになっています。
そのときの交換相手の1人が後に西武でもプレーしたトニー・フェルナンデスです。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ロベルト・アロマーの守備や打撃。MLB史上最高のセカンドの1人

92年CSでのホームラン。
92、93年と2年連続の世界一に貢献していますね。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ロベルト・アロマーの守備や打撃。MLB史上最高のセカンドの1人

オリオールズ時代96年のDSでホームラン。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ロベルト・アロマーの守備や打撃。MLB史上最高のセカンドの1人

97年CSでのホームラン。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ロベルト・アロマーの守備や打撃。MLB史上最高のセカンドの1人

98年のオールスターではホームランを含む3安打でMVPになっています。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ロベルト・アロマーの守備や打撃。MLB史上最高のセカンドの1人

04年ホワイトソックスでのMLBラストホームラン。
通算210本塁打を打っています。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ロベルト・アロマーの守備や打撃。MLB史上最高のセカンドの1人

MLBラストヒットとなる通算2724安打。
02年メッツ移籍後に急に低迷してしまいましたね。

ロベルト・アロマーの守備

ゴールドグラブ賞10度の名手であるアロマー。
特にインディアンス時代のオマー・ビスケルとの二遊間コンビは史上最強クラスと言われます。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ロベルト・アロマーの守備や打撃。MLB史上最高のセカンドの1人

こちらは試合を締めくくるビッグプレー!
3点差なのでセカンド走者は無理に走らなかっただろうけど、それでも日本なら止めただけで好プレーと言われる場面ですね。
これでアウトを狙うってのが本当に凄いし、日米の野球観の違いも現れていますね。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ロベルト・アロマーの守備や打撃。MLB史上最高のセカンドの1人

93年ワールドシリーズでの好プレー!
なんか思いの外、好プレーの動画がなかったな・・・。

スポンサードリンク

ロベルト・アロマーの家族

こちらがアロマーの奥さんと娘さんですね。

お父さんによく似ています。

View this post on Instagram

Con mi look de hoy para disfrutar del concierto de @marcanthony 💃🏼

Maripily Riveraさん(@maripilyoficial)がシェアした投稿 –

ちなみにこちらのマッチョな女性が前妻のようですね。
プエルトリコ出身のモデルさんです。

アロマーと言えば、審判に唾を吐きかけたことが大きな汚点として有名です。
さらに前妻にもDVで(?)訴訟を起こされるなど、引退後も問題点があったようですね。

スーパースターにしては珍しい移籍を繰り返した選手ですが、どこか性格に難があったのかもしれません。

そういうこともあり初年度での殿堂入りを逃しながらも、2年目は得票率90%を得て殿堂入りを果たしています。
1年目に殿堂入りを逃したことで散々過去の問題点が報道され、禊を済ませたってことかな。笑
ブルージェイズ時代の背番号12は永久欠番にもなっています。

通算打率.300、出塁率は.371、全盛期は三振よりも多い四球を選んでいた選手です。
58試合に出場しているポストシーズンでも打率3割超えを果たしていますね。
セカンドにしては珍しい華のあるスーパースターです。

スポンサードリンク