Embed from Getty Images

先日Xサーバーで不要なファイルの削除を行いました。
ログインしたら!マークで警告されていたので、以前から気にはなっていたんですけどね。

ネットで削除の方法を調べても意味がわからないので放置していました。
それが先日サーバーのメンテナンスにより、このままだと数時間アクセスできなくなるというメールが届いたので重い腰を上げました・・・。

スポンサードリンク

Xサーバーでの不要なファイルの流れ

僕は何をどうしていいのかまったく知識がない状態でスタートしました。
というか、いまもよくわかっていません。

Xサーバーから届いたメールには「ファイル数の多いサーバーを調査することもできる」とあったので、まずは調査をお願いしました。
ちなみにファイルは「772万」もあったようですね。笑

Embed from Getty Images

で、しばらくして調査結果が送られていました。
「※多くがキャッシュファイルとお見受けいたします。」とありました。
まあ、よくわからないけどそれらのフォルダを削除。笑

最初はFFFTPからフォルダを削除しようと思ったのですが、ファイル数が多すぎて止まってしまい削除ができませんでした。
そこでXサーバーのファイルマネージャから削除をしたら削除ができました。
しかし、700万以上ファイルが入っていたフォルダはやはり止まってしまいます。

Embed from Getty Images

そこで対応策をサポートの方に尋ねたところ「Filezilla」などのFTPソフトを使う方法。
それと「SSHやCronで『コマンド』を用いた削除」という答えをいただきました。

とりあえずFilezillaをインストールして削除したところ、いくつか削除はできるのですが止まってしまいます。
これを繰り返すなんて、きりがありません・・・。

もう1つの「SSHやCronで『コマンド』を用いた削除」なんて僕がわかるわけありません。笑

スポンサードリンク

不要なファイルの削除を代行してもらいました

対策を聞いたときに、代行も可能というお返事をいただいていました。
ということで、お言葉に甘えて代行をお願いさせてもらいました。
代行料金とか必要なのかな?と思ったけど、無料でしていただけました。

Embed from Getty Images

削除をお願いするフォルダを、自分で削除したものと間違えて伝える失態も犯しましたが・・・。
2度目の代行も無料でしていただけました。
これには本当に申し訳ない気持ちと、ありがたい気持ちでいっぱいでした。
無事700万以上あったファイルも、7万にまで減ってすっきりとしています。

Embed from Getty Images

僕もそうですけど、こんなことはわからない人には本当にわからないと思います。
だから代行サービスは本当に助かりますね。(しかも無料)

僕は過去にも何度かXサーバーのサポートを利用したことがあります。
いずれも自分では絶対にわからない答えが返ってきて、しかも簡単に解決できるという、ちょっとした感動体験もありました。

なんでもかんでもサポート頼りというのは考え物ですが、本当に困ったときはサポートを活用するべきですね。
今回は本当に助かり、Xサーバーさんのサポートには感謝しかありません。

スポンサードリンク