Huluで金田一少年の事件簿の「午前4時40分の銃声」を見ました。
原作は短編集に収録されているエピソードですね。
被害者は美人警察官です。

以下ネタバレありです。

午前4時40分の銃声を見た感想

内容はほとんど原作通りのエピソードでした。
まあ、僕はこのエピソードはあまり好きじゃないですよね・・・。
面白くないとかじゃないんだけど、なんか悲しい気持ちになるので。

この回は犯人はおらず、被害者と思われていた美人警察官が自ら拳銃で命を絶ったというものです。
容疑者候補として元カレとその彼女、ストーカー男があがっていました。

重要参考人の元彼は、自分の彼女を疑うなど男として問題ありな発言をしていましたが・・・。
そうはいっても冤罪で警察に犯人扱いされているんだから、仕方がないのかもしれません。笑

しかも警察は部屋の鍵という物証を見逃すという大失態。
美人警察官にしても家に拳銃を持ち帰ったわけですから、これも大問題になりますね。
まあ、アニメに対してそういう突っ込みは野暮なのですが・・・。
重要な証拠を警察が見逃すというのはよくある演出だけど、さすがにあり得ないですからね。

そんなことを言い出したら、剣持のおっさんが金田一に拳銃を渡したり(すられたんだけど)、金田一も空砲をぶっ放したり。
さらにトリック実証のために本物の拳銃を使うなんてのも、とんでもない話ですね。笑

一歩間違えれば、普通に拳銃を紛失してしまうトリックですし。
あれは剣持のおっさんも、もっとブチギレていいですね。笑

Hulu

※紹介している作品は、2018年11月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。