LINE漫画初のドラマ化作品ということで話題の文学処女
全8話ということなので、もうドラマは完結してしまいました。

深夜ドラマなので、うっかり録画を忘れてしまった。
なのに再放送もない・・・。

あるいは、そもそもドラマの存在を知らなかったということもあると思います。
好きな俳優さんが出演していれば、後からでもチェックしたいですからね。
まあ、動画はネット配信で見ることができるので大丈夫ではあります。

ネット配信というは、無料動画と有料動画があるわけですけど・・・。
無料というのは基本的に違法アップロードされたものになります。(公式サイトで一部公開されていたりもするけど)

無料であるに越したことはありませんが、有料サービスも安くて利用できるものもありますからね。
文学処女の場合は有名な動画配信サービスHuluで公開されていますが、こちらは比較的安いサービスになります。

2週間のお試し期間があり、その後は約1000円の月額課金サービスです。
僕はパソコンから動画を見ることが多いですが、スマホやタブレットからでも見ることができますからね。

中には「子供を静かにさせるため」にHuluに加入している方も多いようです。
外出先など、静かにしてほしいときに子供にHuluの動画を見せるわけですね。
(Huluには子供用の管理画面もあるので、子供向け動画が探しやすいです)

もちろん、子供のためだけでなく、自分も楽しめるだけのコンテンツが揃っています。
僕はドラマや映画を見ないのですが、それだともったいない気がしちゃいますからね。

映画やドラマをどんどん見たい人は楽しめるサービスになっています。
Huluを見るという新しい趣味が出来るかもしれませんね。

話がそれましたが「文学処女」を見るだけでなく、他にも楽しみ方があるということです。
せっかくなら、Huluをどんどん活用してもらいたいですからね。
↓文学処女のお試し動画はこちらから見られるようになっています。

Hulu

※紹介している作品は、2018年10月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。