Embed from Getty Images

先日我が家に「消費料金に関する告訴最終告知のお知らせ」というハガキが届きました。
まあ、すぐに架空請求だということはわかったのですが、こんなのが届いたらびっくりしちゃいますね。
いちいち読んではいないですが、なかなか物騒な文面で書かれていましたね。笑

Embed from Getty Images

でも消費料金ってのが何か、具体的なことが書かれていないし。
宛名が漢字じゃなくてカタカナだし。
だいたいこの手の怖い文書が届くなら、むき出しのハガキってことはないでしょうからね。
封書だったらまたリアリティがあったのかもしれません。
ちなみに消印は豊島とありました。

Embed from Getty Images

しかし、こういうハガキって一人暮らしのお年寄りを狙ったりするのかと思ったら、そうでもないんですね。
他人事だと思っていたら届いて来たのでびっくりです。
ハガキというのはメールの架空請求と比べても見た目にインパクトがありますね。

なんか郵便局の配達する人に見られるのが恥ずかしいですよね。笑
警察の指導で、郵便局でストップとかできればいいんでしょうけど、そういうのも難しいんでしょうね。
民営化しちゃったから、郵便局も届けるものは届けないとトラブルのもとになる可能性がありますから。
困ったものですな・・・。

スポンサードリンク