Embed from Getty Images

日本では多くの人が仕事着で白シャツを着ています。
なんとなくスーツの下は白シャツ、ビジネスの場は白シャツという印象があるかもしれませんね。

白シャツは清潔感もあって良いのですが、本来は正装で着る色でもあります。
要するに白シャツというのは、もっとも格式が高いシャツとなるのでバシッと着こなさないと逆にかっこ悪くなってしまいます。

スポンサードリンク

白シャツの乳首の透け対策

わかりやすい問題に乳首の透けがあります・・・。
夏場は仕事中でもジャケットを脱ぐ機会が多くなるのですが、そうすると乳首が透けてかっこ悪いです。
まあ、かっこ悪いだけで済むならまだしも、気持ち悪いとか不潔な印象も与えるので絶対に避けないといけない問題です。

Embed from Getty Images

とはいえ、対策としては難しいことはなくて、肌色のインナーを着れば解決します。
白シャツの下に白インターという人も多いのですが、それだと下着の線が出てしまいますからね。
肌色の方が下に着ているのが目立ちません。
本来はシャツの下には何も着ないのが正解なので、目立たないに越したことはありません。

Embed from Getty Images

多くの日本人にとって、インナーの線が透けてもかっこ悪いと思うものではありません。
ですが、見る人が見れば「この人は着こなしに関心がないんだな」というマイナスの印象を持ってしまいます。

たぶん白いインナーにこだわりがある人はいないでしょうし、それならベージュのインナーを着用するようにしましょう。

スポンサードリンク

シャツの下には何も着ないのが正解?

日本人には馴染みのない価値観ですが、シャツというのは下着です。
ですからそもそも論で言えば、シャツの下には何も着ないのが正しい着こなしになります。

まあ、それがグローバルスタンダードではあるのですが、日本は高温多湿なので直接シャツを着ると汗のシミが気になりますからね。
乳首の透け問題もあるし、シャツの下に何も着ないのは落ち着かないでしょう。

Embed from Getty Images

だからそこまで気にしないで、シャツの下にインナーを着てもいいと思います。
ただ、先ほども言いましたが白よりは肌色です。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 白シャツで乳首の透け対策。夏でも長袖が基本。腕まくりのポイント

ベージュのインナーの方が下に着ていることがわかりにくいので、装いにも気を使っている感がでますね。
ベージュはおじさんっぽくて嫌だという時代もあったようですが、いまはそこまで抵抗感もないでしょう。
ユニクロとかで買うといいですね。

Embed from Getty Images

ジャケットやベストを着る

逆に言えばジャケットを脱がないような時期であれば、シャツの下に何も着なくても問題はないわけです。
ジャケットを羽織っていれば乳首の透けだって気にならないですからね。
まあ、汗の問題とかで着心地が悪いと感じるならインナーを着てもいいでしょうけど。

Embed from Getty Images

あるいは夏の透け対策として、ベストを着るというのも選択肢の1つ。

Embed from Getty Images

ベストであればジャケットを脱いでも、シャツ1枚よりはピシッとしている感が出ます。
ただまあ、ファッションというのは周りの環境にもよりますからね。
夏にベストを着て周りの人に暑苦しいと思われるようであれば、シャツ1枚の方がいいでしょうね。(インナーは着る)

Embed from Getty Images

濃いカラーシャツを着る

プライベートであれば、濃いカラーシャツを着るというのも乳首の透け対策の1つです。
仕事着としては相応しくないのですが、プライベートの場では濃いカラーシャツも良いですからね。
カラーシャツであればインナーなしでも乳首の透けは気になりません。

Embed from Getty Images

その一方で、やはりインナーがないと汗染みが気になる可能性があることに変わりはないので、そこには注意が必要になります。
それと、インナーを着用した方が汗を吸ってくれるので涼しく感じたり、不快感が減るという声もありますね。

Embed from Getty Images

何にしても、夏はカラーシャツを腕まくりするだけで、十分なファッションになりますね。
そういう意味では男の普段着は気楽でもあります。

基本は半袖シャツじゃなく長袖シャツを着ることです。
腕まくりをしても暑いものは暑いのですが、そこはやせ我慢ですね。笑

Embed from Getty Images

それと、靴は革靴が基本で、スニーカーを履くならせめて落ち着いたものを履くべきです。
派手なスニーカーはカテゴリで言えばスポーツウェアに入るので、街を歩くぐらいであれば革靴を履く方が様になります。
その方が見た目もいいですし、その場にあった装いということにもなります。

Embed from Getty Images

腕まくりは腕が太くなっているところで止める

シャツの腕まくりというのは、腕が太くなっているところで止めるのが基本です。
まあ、基本と言うと違うのかもしれませんが、その方がかっこよく見えます。

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

このヘンリー王子だと、上のまくり方の方が男らしくてかっこよく見えますよね。
逆に女性の場合は細くなっているところで止めた方が良いとされます。

Embed from Getty Images

このウィリアム王子とキャサリン妃みたいな感じ。
スカートにも同じことが言えますね。

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

こちらのキャサリン妃で言えば、下の方が足が細くてきれいに見える気がしますよね。
まあ、キャサリン妃ぐらいスタイルが良いと、少々のことは気になりませんが。
一般的にはちょっとした意識で、見え方はけっこう違ってくるわけですね。

Embed from Getty Images

インナーが襟元から見えないようにする

そういえば、インナーを着る際にもう1つ気を付けるポイントがあります。
それが襟元からインナーが見えないようにするということです。
乳首の透けほど気にする人はいないと思うけど、インナーは見えない方がすっきりとして見た目も良いです。

インナーはベージュを選ぶようにという話をしましたが、極力下に何も着ていないように見せるのが基本ですからね。
VネックやUネックのものを選ぶようにしましょう。

Embed from Getty Images

夏でも肌を見せないようにするのが無難

夏の暑い時期になると半袖シャツを着たり、ボタンを留めずに襟元をはだけさせることも増えるかと思います。
それは当然なのですが、少しでも周りの目を意識するのであれば出来るだけ肌を露出しないようにした方が無難ではあります。

というのも、どうしても日焼けをしていない部分が出てしまうので、肌のトーンが変わる部分が目立ってしまいます。
それが何か問題があるのかと言うと・・・。

Embed from Getty Images

例えば女性の日焼け跡を見て、色気を感じたり、見てはいけないものを見てしまった感覚になることはあるじゃないですか?
おっさんの日焼け跡を見て色気を感じる女性はそうはいないでしょうが、その生々しい肌が苦手という女性は少なくないようです。

それに人混みで触れることもあるわけですし、汗ばんだ肌に不快感もあるでしょうね・・・。
長袖シャツを着た方が印象も良くなるわけです。

Embed from Getty Images

シャツの第二ボタンは開けない

夏になるとシャツのボタンを開けることもあるかと思います。
それでも第二ボタンまで開けるのはやりすぎで印象もよくありません。

というのも、どうしても「おしゃれな俺」「セクシーな俺」「ワイルドな俺」みたいな感じに見てしまいますからね。
似合う似合わないは置いておいても、そういう下心(?)が女性から見たら失笑もののようです。
まあ、第一ボタンを開けるだけでも、けっこう胸元がはだけますからね。

Embed from Getty Images

女子受けを狙う必要はないですけど、女性が不快に思わない装いを意識することは重要です。
そうすることで、いわゆる清潔感のある見た目で、男から見ても紳士的で粋な装いになってくるわけです。
これはとても大切なことですね。

スポンサードリンク