Embed from Getty Images

9月が近づくと稲刈りのシーズンになります。
稲刈りと言えばなんとなく秋のイメージがあったけど、夏の暑い時期からやるわけですから大変です。

僕も過去に地元法人で稲刈りのお手伝いをしたことがありますが、暑いし体はかゆくなるし大変です。
疲れているのに夜中にかゆみで目が覚めるのが辛いんですよね・・・。

Embed from Getty Images

稲刈りや田植えなど田んぼの作業を誰かに頼んでいる家庭は多いと思います。
個人や法人に頼んでいる場合は、やはりお礼になにか差し入れをしなければいけないと思うでしょう。
まあ、別にお礼をしなくて良いけどご近所付き合いもあるでしょうからね。
差し入れは嬉しいですし、するに越したことはありません。

スポンサードリンク

差し入れの定番はビール

先にも言いましたが、僕は田植えや稲刈りのお手伝いをしたことがあります。
その時に差し入れをくれる方も多かったですが、その定番はビールです。
6個入りパックのヤツをくれる方が多かったと思います。

Embed from Getty Images

僕はお酒を飲まないので、ビールを貰っても嬉しくはなかったですけど。笑
お酒を飲む人にとっては嬉しい差し入れでしょうね。

ただ僕がお手伝いをしていた法人だと、もらったビールを配らないで事務所に置きっぱなしだったことも多かったです。
そのまま何となく忘れてしまうわけですね。

Embed from Getty Images

おすすめはコーヒーや栄養ドリンク

そのようなこともあり、個人的なおすすめはコーヒーです。
ビールのデメリットとして就業中に飲むことができないというものがあります。

コーヒーであれば休憩中に飲めるので、ビールと違ってすぐに消費されていきました。
僕もコーヒーは甘いものからブラックまで飲むので、コーヒーの差し入れは嬉しかったです。

Embed from Getty Images

その他には栄養ドリンクの差し入れをくれる方もいました。
こちらも疲れたときに飲むのに嬉しい差し入れです。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 稲刈りや田植えのお礼の差し入れは何が良い?腕のかゆみがなくなった方法

ジュースの類だと、オロナミンCがおすすめです。
スポーツドリンクの類だと量が多いですけど、オロナミンCぐらいだとちょうどいいですしね。
年配の方でも抵抗なく飲まれていましたし。

お茶というのはみなさん持参していると思うので、お茶以外の飲み物が飲みたくなるはずです。
だからコーヒーが無難で、適当に5、6本も差し入れをいただければ凄く嬉しいと思います。
加糖に関してはそれぞれ好みがあるわけですが、微糖やブラックなどいろんな種類を差し入れすると喜ばれるはずです。

Embed from Getty Images

おやつなどの差し入れ

他にも「お茶をどうぞ」と、その場で飲み物や果物などを出してくれる方もいました。
これはプロの意見ではなく僕の感想ですけど、少し気を使ってしまう面がありました。
普段から付き合いのあるおじさん相手ならともかく、そうでないなら缶コーヒーなどの差し入れが無難でおすすめですね。

Embed from Getty Images

あと、たぶん次の現場に早く行きたいというケースもあるかと思います。
のんびり仕事をする人もいれば、早く終わらせたいという人もいますしね。

スポンサードリンク

稲刈りでの痒み

僕が田植えや稲刈りのお手伝いをしたときに、何が困ったって体の痒みです!
疲れているのに夜中に痒みで目が覚めるし、腕は疾患で汚くなるし本当に困りました。

Embed from Getty Images

僕はこのとき別件で内科に行ったのですが、その時ついでにかゆみの相談をしました。
するとかゆみ止めの注射を打ってくれたのですが、これが効いた記憶があります。
たしか夜も普通に寝ることが出来たんですよね。
かゆみ止めの注射という選択肢もあるということで、経験談を話してみました!

スポンサードリンク