yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 納豆は目に良い食べ物で痛みに効く。ひきわりにはナットウキナーゼが少ない?

僕が毎日食べているものに納豆があります。
納豆には大きくわけて粒納豆ひきわり納豆がありますが、僕はひきわり納豆を食べています。
理由は単純にひきわり納豆の方が好きだからですけど。

で、先日そのひきわり納豆にはナットウキナーゼという栄養素がほとんど含まれていないという話をされている人がいたので気になりました・・・。

スポンサードリンク

納豆に含まれるナットウキナーゼ

納豆と言えば健康によいイメージがあると思います。
特に血液サラサラ効果があることで知られていると思いますが、サラサラにする成分がナットウキナーゼです。
ひきわり納豆にナットウキナーゼがほとんど含まれていないのであれば、食べる意味が半減してしまう気がしますが・・・。

Embed from Getty Images

気になったのでネットで少し調べたところ・・・。
確かにひきわり納豆と粒納豆では栄養素が変わるようです。
ひきわり納豆だと食物繊維が少ないようですが、ナットウキナーゼが少ないと書かれているサイトはありませんでした。
むしろ、ナットウキナーゼが増えると書かれているサイトがあったぐらいです。

実際のところは増えているのかもしれないし、減っているのかもしれませんが・・・。
いずれにしても僕はひきわり納豆を食べることで体調が良い感覚がするので食べ続けています。

Embed from Getty Images

納豆は目に良い食材

僕が納豆を食べ始めたきっかけは、たまたま家にあったのを食べたら体調が良い感覚がしたので、その日から何年も続けて食べています。
数日も経つと「体調の良さ」というのが、「目の痛みの軽減」にあると気が付きました。
で、ネットで調べてみると納豆は目に良い食材として知られるらしく、目の痛みにも効果があるようです。

Embed from Getty Images

その時にわかりやすいと感じた説明が・・・。
目の周りには細かな血管が張り巡らされており、目の痛みというのはその血管の流れが悪い状態だと。
で、納豆を食べると血流が良くなるので痛みが和らぐというものです。

まあ、理由はなんであれ、僕が納豆を食べることで目の痛みが軽減されたと実感したのは事実です。
知らずに食べていたわけですからプラシーボ効果というわけでもないでしょう。笑

スポンサードリンク

ナットウキナーゼのサプリメント

ちなみに僕は納豆を食べても目が痛むときのために、ナットウキナーゼのサプリメントも常備しています。
目が痛むときに薬感覚で飲むと、目の痛みが和らぐのがわかります。

まあ、これはプラシーボ効果的なこともあるのかもしれませんけどね。
それにナットウキナーゼはたくさん取り込むと体に悪いそうですから、そこは気を付けないといけません。

納豆は体に良いとわかっていても、苦手な人が多いでしょうからね。
僕もネバネバして箸が汚れる(?)のが嫌いなので、食事の最後に納豆だけをまとめて食べるようにしています。

ちなみに付属のタレは半分も使わないですね。(あんまり使うと体に悪そう)
苦手な方はサプリを飲むというのも1つの方法ではありますが、サプリの効果に関してははっきりとしたことは言えないですね。

Embed from Getty Images

納豆と言えば、美容に良いとかアンチエイジング効果があることでも知られます。
値段も高いものではありませんから、そういう意味でも毎日継続して食べやすい食材かと思います。
目の痛みに苦しまれているのであれば、納豆を食べるのも良い選択肢ですね。

スポンサードリンク