NHKのよるドラ「腐女子、うっかりゲイに告る。」の第2話を見ました。
今回のラストではゲイの純が紗枝と付き合うことになっていますねー。

やはり印象的なシーンはお母さんとのところかなー。
シングルマザーで自分のために頑張ってくれているお母さんに、ゲイであることは隠していると。




お母さんが、けっこう距離感の近いタイプだったからなー。
高校生の息子に対して彼女どころか、孫がどうこう言っていたからな。笑

純としては辛いところはあるでしょうね。
お母さんに心配をかけたくないというプレッシャーもあるでしょうし。

そして遊園地デートでは、親友の亮平が本当は紗枝のことが好きだと聞かされ・・・。
様々な葛藤がありながらも沙枝の気持ちを受け止めた純でしたが。




でも、女性と付き合うってどういう感じなんだろうな?
「起つ好きと起たない好き」というストレートな表現がありましたが・・・。


純は紗枝に性的な興奮は抱いていないということかな。
まあ、もしかしたら抱くのかもしれませんが、そこを心配する描写もありましたね。

次回予告では肉まんを胸に見立てるという、なかなか衝撃的なシーンがありましたが。
みんなあんな時期を過ごしているのかな?笑
僕はあそこまではしたことないぞ。




紗枝と付き合うようになり亮平との間に距離ができ、純はマコトさんとの距離も取るようですが。
いまの純は自分の気持ちを誤魔化すような感じなのかな?
そこらへんの心理がよくわかりませんが・・・。

そういえば、起つ好きと起たない好きのくだりのあとに、お着替えシーンがあったからドキッとしましたが。笑
亮平に股間を鷲掴みされるし、反応していなくてよかったな・・・。




そして次回はようやくサラ・オレインさんが出るのかな。
サラさんが出るようなので、このドラマを見てみようと思ったのですが。
けっこう面白いドラマなので今後も見続けようと思います。


>>僕が見たHuluおすすめドラマランキング


スポンサードリンク