フールーで金田一少年の事件簿の「薔薇十字館殺人事件」を見ました。
地獄の傀儡子、高遠遙一とコンビを組む形になった印象的なエピソードです。

金田一と高遠がお互いに認め合っているような会話がされますが。
もう高遠は悪者って感じじゃあなくなっていますね。笑
以下ネタバレありです。

薔薇十字館殺人事件の犯人

薔薇十字館殺人事件の怪人名はローゼンクロイツ
たいていはわかりやすい怪人名なのですが、ローゼンクロイツとは意味が分かりません。
どうやらこれは薔薇十字を意味する言葉のようですね。

犯人は月読ジゼル
高遠の異母妹だと判明しています。
ポエムを連発する変人キャラですが、実は犯人というパターンですね。

ちなみに声優は沢城みゆきさん。
僕にとっては龍が如くのマキムラマコトです。
犯人だと暴かれ口調が強くなってきたところで「あれ?」っと気が付きました。
兄がどうだとか、復讐がどうだとか、マキムラマコトにしか聞こえなくなってしまいましたね。笑

あと、世話人の毛利さんの声優が山路和弘さんということで。
見覚えのある名前だと思ったら、龍が如くの伊達さんのようですね。

改めて毛利さんのセリフのシーンを見てみたけど、これは気が付かないですね・・・。
ジゼルちゃんは言われて見ればマコトだなって感じで、犯人と暴かれてからはマコトのまんまって感じです。

高遠がジゼルのスカートに手を突っ込む

このエピソードで印象的なシーンと言えば、金田一と高遠が犯人のジゼルを追い込むシーンですが。
その中でも高遠がジゼルのスカートの中に手を突っ込んだのは印象的です。(証拠物を隠し持っていた)
これは金田一にはできない芸当ですね。笑

そういえば、ジゼルのお母さんも回想シーンで登場するわけですが・・・。
マジシャンである高遠のお母さんとはずいぶんとタイプが違うように見えますな。

まだ暴かれていない2人のお父さんは、危ない奴という風に描かれているような気がしますけど。
お母さん2人はまっとうな女性だけに、この2人が選んだ男性ってどんな人なんだろうと思わされますな。
ジゼルのお母さんが異母兄がいることを優しく打ち明けている様子を見ると、お父さんも悪いヤツではなさそうな印象を受けます。

そもそもなんで高遠はジゼルにお父さんの情報を聞こうとしなかったのかな・・・。
何か知っているかもしれないのに。
高遠のお父さんに関しては、今後の大きな謎になっていきますね。

Hulu

※紹介している作品は、2018年10月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。