Embed from Getty Images

個人的には男の装いに香水は大切なものだと思います。
ただ、香水というのは使い方、選び方を間違えるとマイナスイメージにもなるので注意が必要です。
「好きな匂いだから」というだけの理由で選ぶと失敗するかもしれません。

広告

自分に合わない香水を身にまとうな

先日、とある女性がつけていた香水が気になりました。
知っている香りだったので「この香水はなんだっけな・・・」としばらく考えたところ。
エルメスのナイルの庭だと思い出しました。

この香水は僕も好きな匂いで、ほんの一時期だけ使ったことがあります。
ただその時、女性が付けている香水がナイルの庭だと気が付きゾッとしました。

絶望的に僕に合っていない匂いだったからです。笑
自分がこの香りを身にまとっていたと考えると気持ち悪くなりましたね。
すぐに変えて良かったですよ。

Embed from Getty Images

自分に合わない香水はマイナス

香水を選ぶ基準って、どうしても自分が好きな匂いになってしまうと思います。
ただ、それだけで選ぶとちょっと痛い感じになってしまう可能性もあります。

例えば女子高生と、そのお母さん世代の女性では付ける香水って違うわけですよ。
若い女の子がつけているような香水を40代、50代の女性が使うと若作り感が出て違和感があります。
男だって同じことです。

このサムライは僕が高校生の頃、初めて使い始めた思い入れのある香水です。
選んだ理由としては僕が高校時代に1番お世話になっていて、現在は舞台俳優をやっているイケメン先輩の真似です。笑
こちらは定番香水の1つで、値段も安いので高校生でも手が出しやすく人気の香水です。
笑点で小遊三さんが名前を出すアラン・ドロンのプロデュースとしても知られています。

Embed from Getty Images

その後も特にこだわりがなかったので、長く使っていた香水なのですが・・・。
さすがに30を迎えるにあたって、いつまでも同じ香水を使うのも芸がないので現在は使っていません。
サムライは若い男性が使うイメージが強いものなので、30を超えたらおすすめはしませんね。
年齢に合わせて自分に合う香水を選ぶべきです。

Embed from Getty Images

万人受けするメンズ香水とは?

まあ、そうは言っても「自分に合う香水」なんて普通はわからないと思います。
僕もわからないですし。
そこで万人受けしやすいと言われている種類の香りの中から選ぶといいですね。
ちなみにそれがどんな匂いかと言うと「シトラス系」か「マリン系」です。

Embed from Getty Images

僕はどちらかと言えば、シトラス系の方が好みですね。
シトラス系かマリン系の中で、自分の好きなものを選ぶといいです。
おすすめの選び方としては「この香水が似合う男になりたい」と思うよな、身にまとうことで背筋が伸びる気になるものを選ぶといいです。

Embed from Getty Images

ちなみに僕が使っているのがペンハリガンのブレナムブーケです。
ペンハリガンは英国王室御用達とも言われているブランドです。
あまり聞きなれないブランドだとは思いますが、定番の香水ブランドの1つですね。
ブレナムブーケはシトラス系の香りで、万人受けするタイプのものになっています。

Embed from Getty Images

それと、ブランド物の香水って値段も決して安くはないのですが・・・。
まあ、頻繁に買うものでもないですし、コスパが高いわけではありません。
1~3万円ぐらいで有名ブランド品を身にまとえると思えば安いとも言えますね。

定番香水はおもしろくない?

また「定番の香水は面白くないから嫌だ!」と思っている方もいるかと思います。
その気持ちはとてもよくわかりますし、僕ももう1つ愛用の香水があります。
ネットで検索すると定番香水を紹介しているサイトがたくさんありますが、その中であまり紹介されていないような香水です。

Embed from Getty Images

ちょっと色気のある香水ですが、まさに背筋が伸びる感覚がする香りで僕のお気に入りです。
「自分だけの香水」と言うと違いますが、周りの人が使っていないとより愛着も湧くかと思います。
そのような香水を探すのも良いですね!

また、そのときには万人受けなんて考えなくていいのではないかと思います。
シチュエーションによって使い分ければいいだけの話ですしね。
まあ、それにしても最低限、自分がつけておかしくはないのか、客観的に考える必要はありますけどね。

Embed from Getty Images

女子受けを狙って選んではいけない

香水に選びに限った話ではないのですが、男性ファッションでNGなのが女子受けを狙うことです。
女性の目を意識するのは当然のことだし、むしろ意識した方がいいぐらいです。
ですがそれは「女性に不快感を与えないため」に意識しろという意味で「女性の気を引く」ために意識するのとは違います。

Embed from Getty Images

学生時代でも女子の目を意識しているのが見え見えなヤツいたじゃないですか?
まあ、男から見ても失笑ものですよね。
自分はさりげないつもりでも、傍から見たら気が付いてほしい気持ちは出ていますからね。
女性にも「かわいいって言ってもらいたいのかな?」なんて思われるかもしれません。

あと、ぶっちゃけ女子受けアイテムなんて、ただの売り文句だと思った方がいいです。
それか「※ただしイケメンに限る」ってヤツです。

Embed from Getty Images

香水でも女子受けを狙って甘いような香りを選ばないことです。
自分が使っていて言うのもアレだけど、色気のある香水というのも使わないのが無難なのかもしれません。

そもそも好感を持たれる男性であれば、何を付けても「いい匂い」とか「この匂い好き」って言ってくれますしね。
香水で女性の気を引こうなんて考える必要はないのです。

広告

彼女や奥さんに香水を選んでもらう

ところで、彼女や奥さんなどパートナーの女性に香水を選んでもらうという選択肢もないわけではありません。
個人的にはおすすめしないのですが、デートの際に限るのであれば良いのではないかと思います。

Embed from Getty Images

先にも言いましたが、単純な好みで選ぶと自分にあっていない香りになる可能性があります。
女性が選びそうなものを身に着けていると「女子受け狙っているのかな?」って思われちゃうかもしれませんし。
女性にそう思われるのは男としてはかっこいい姿ではありません。

男の装いは自分で選ぶものだし、自分なりにこだわりを持つことも大切ですね。
まあ、女性と一緒のときは女性に合わせる意識が必要ですけど。

Embed from Getty Images

香水を使う際に気を付けること

最後に香水は「付け過ぎ」にも注意が必要です。
女子受けとか関係なしに「良い匂いをみんなに知らせたい!」という気持ちになるのはわかりますよ。
だけど付け過ぎは下品ですし、周りの人に不快感を与えることになるので気を付けましょう。
そもそも香水というのは、どんな良い匂いでも嫌いな人は一定数いるものですしね。

Embed from Getty Images

それと、大前提として体臭など変な臭いは絶対に消すべきです。
体臭を誤魔化すために香水を使う、なんて発想はNGですからね。
香水はあくまでも身にまとうものだと考えた方がいいです。

広告