ヤンキースでプレーするベテラン左腕のJ.A.ハップ

18年はシーズン途中にヤンキースへ移籍すると7勝0敗の活躍で大きく貢献。
19年もヤンキースと再契約していますが、開幕直後は躓いている様子ですね。

お母さんの始球式。
きれいなお母さんですねー。

スポンサードリンク

J.A.ハップの投球

07年にフィリーズでデビューしたハップ。
10年にはロイ・オズワルトとのトレードでアストロズ移籍も経験しています。

印象的なのは13年ブルージェイズ時代に頭部へ打球を受けたことですか。
衝撃的なシーンですね。

5回8奪三振。

15年シーズン途中にパイレーツへ移籍してブレイク。
当時32歳ですが、その後も安定した活躍を見せていますね。

16年はブルージェイズに復帰。
20勝をあげる活躍を見せています。

7回11奪三振。

10奪三振。

こちらの股の間からのトスが話題になっているようですね。
このプレーで有名なのはなんといってもマーク・バーリーです。

完全試合やノーヒッターも達成しているバーリーですが、このプレーも代表的なハイライトですね。
投手の好プレーといえばコレというぐらい、印象の強いものです。

バートロ・コローンも見事なバックフリップを見せていますね。

スポンサードリンク

J.A.ハップの報復死球

ブルージェイズ時代にはヤンキース戦で報復死球。
乱闘騒ぎのきっかけを起こしているハップです。

これはチームメイトのジョシュ・ドナルドソンが死球をくらった報復です。
ですから、同じサードのチェイス・ヘッドリーがターゲットになっているわけですね。

その後はヤンキースがジャスティン・スモークにも死球を与えて乱闘騒ぎに・・・。
ドナルドソンも乱闘はしたくなさそうだし、どんな気分なんだろうな。笑
まあ、チームメイトが自分のために体を張ってくれるのは嬉しいだろうけど。

ヤンキースの本拠地は左打者有利の構造ということもあり、左投手が活躍する傾向が強いですね。
ハップも2年の好契約で復帰したことだし、活躍を期待したいところですね!

スポンサードリンク