マリナーズなどで活躍したユーティリティのウィリー・ブルームクイスト

最も多く守ったのはショートの305試合で、少ないのがファーストの47試合。
バッテリーとファースト以外の6ポジションで100試合以上に出場しています。

スポンサードリンク

ウィリー・ブルームクイストの打撃

02年にマリナーズでデビューしたブルームクイスト。
シアトルで育った地元選手です。



近年は打力に優れたスーパーユーティリティーの存在が目立ちますが彼は守備型の選手。
打撃で貢献するタイプではないですね。

サヨナラ打。

11年のDSでは9回に同点セーフティースクイズを決めています!

14年の現役最後のホームラン。
翌15年がMLBラストシーズンですね。

ウィリー・ブルームクイストの守備

バッテリー以外の全ポジションを守るブルームクイスト。

カバーでランナーをアウトに。

見事なランニングキャッチ。

スライドストップ。

こちらもナイスプレーです。



ダイビングキャッチ。

ビシエドの打球をナイスキャッチです。
晩年に投手デビューも果たしていそうなものですが、彼は投げたことがないみたいですね。

スポンサードリンク

ウィリー・ブルームクイストの家族

きれいな奥さんを持つブルームクイストです。

娘さんが4人もいるようですね。

奥さんは4人も子供産んだようには見えないな・・・。

釣りや狩猟が趣味のようですね。


実働14年、37歳までプレーしたブルームクイストです。
基本的に弱いチームでのプレーなので、ポストシーズンは11年のDSに5試合出場しただけ。
それでも7本のヒットを打つなど活躍を見せているようですね。
WBCアメリカ代表にも選ばれた経験のある貴重なバックアップ選手です。

スポンサードリンク