フィリーズ黄金期を支えた正捕手のカルロス・ルイーズ

オールスターの出場は1度だけとスター選手ではありません。
ですが打撃も平均以上の優れた捕手でしたね。

こちらは三振と勘違いするルイーズ。
あからさまな抗議をしなかったのはさすが名捕手です。

スポンサードリンク

カルロス・ルイーズの打撃

06年にフィリーズでデビューしたルイーズ。
翌07年から正捕手格となっています。

08年のワールドシリーズでサヨナラ打。

11年のサヨナラ打。
これはショートのハンリー・ラミレスに止めてもらい打球ではありますな。

サヨナラホームラン。

16年シーズン途中にドジャースへ移籍しています。

移籍後初ヒット。

DSでの代打タイムリーヒット。

マリナーズ時代にフィラデルフィアへの凱旋試合で暖かい声援を受けるルイーズ。


カルロス・ルイーズの守備

ゴールドグラブ賞の受賞はありませんが、縁の下の力持ちタイプの名捕手です。

イチロー選手の盗塁を阻止。

ピックオフ。

ファールフライをナイスキャッチ。

三振ゲッツー。

バント処理。

バットに足を取られるもアウトに。

盗塁阻止。

スポンサードリンク

カルロス・ルイーズの投手デビュー

ルイーズのハイライトに17年マリナーズ時代の投手登板があります。

ヒット2本、四球2つで1失点も三振も奪っています!

通算出塁率.350と打力も平均以上だった捕手です。
まあ、打率.325 16本塁打 出塁率.394と自己ベストのシーズンを送った直後に禁止薬物での出場停止をくらったのは印象が悪かったけど。
投手陣からの信頼も厚かったとされる名捕手でした。

スポンサードリンク