MLBの次代を代表するスーパースターであるクリス・ブライアント

カブスのフランチャイズプレーヤー、シカゴのスーパースターという立場だけではありません。
ネクスト・ジーターの1人としてMLBの顔としての期待もかかっています。

スポンサードリンク

クリス・ブライアントがイケメン

実はなかなかの男前であるブライアントです。

Ever dream of going to the World Series? Now you can. Follow @ExpressMen on IG to find out how.

Kris Bryantさん(@kris_bryant17)がシェアした投稿 –

I've got a surprise for you guys…follow @expressmen to find out more!

Kris Bryantさん(@kris_bryant17)がシェアした投稿 –

Excited to announce my partnership with @ExpressRunway for their spring campaign! #ExpressMen

Kris Bryantさん(@kris_bryant17)がシェアした投稿 –

野球選手って日本人選手でもイマイチ顔がわからない選手もいますね。
帽子を脱いだら誰かわからないこともありますし。

美少年のブライアントです。

スポンサードリンク

クリス・ブライアントの打撃

ドラフト全体2指名と高い評価を得たブライアント。
15年に大きな期待を背負ってのデビュー。

こちらがMLB初ヒット。

MLB初ホームラン。

クレイトン・カーショウから逆方向にホームラン。

こちらは特大のホームラン!

こちらも凄い特大の一発。

打率.275 26本塁打 99打点 出塁率.369で満票新人王に輝いています。
ちなみに26本塁打は殿堂入りの大打者ビリー・ウィリアムズを抜く球団新人記録だったようです。



2年目は打率.292 39本塁打 102打点 出塁率.385と2年目のジンクスは関係なしに打ちまくりました。
ワールドシリーズ制覇に大きく貢献しシーズンMVPも受賞しています!

1試合3本塁打と2二塁打で球団記録とる16塁打を達成。
5本のヒットがすべて長打というのは1900年以降史上9人目の快挙だったようです。

16年はオールスターでもホームラン。

ディビジョンシリーズでは9回に同点ツーランを打っています!

ワールドシリーズでも特大のホームランです!

ワールドシリーズでの盗塁。
あまり良いスタートではないのですが、送球がそれてセーフに。

これ懐かしいな。笑
こんなこともありましたがブライアントのホームランだったか。


クリス・ブライアントの守備

大柄ということもあり守備が上手そうには見えないのですが、そんなことはないブライアントです。

こちらはワールドシリーズでの好プレー。

こちらも素晴らしいプレーですね!

ダイビングストップ。

強烈なライナーをキャッチ。

ジャンピングスロー。

ベアハンドプレー。

こちらもナイスプレーですね!



レフトを中心に外野を守ることもあるブライアント。

見事なダイビングキャッチです!


クリス・ブライアントのインスタ画像まとめ

それではブライアントや奥さんのインスタ投稿をピックアップ。

Bricks and Ivy with my 🔥🔥🔥lady!

Kris Bryantさん(@kris_bryant17)がシェアした投稿 –

こちらがブライアントの奥さん。
奥さんとは長い付き合いだったようですね。

こちらはブライス・ハーパーと。
ハーパーも190センチの大型選手ですが、ブライアントは本当にデカいですねー。

ブライアントとハーパー、さらにジョーイ・ギャロは地元が同じということで長い親交があるようですね。
ハーパーとブライアントは奥さん同士も仲が良いそうです。

右がハーパーの奥さんです。

From Vegas to the MLB All Star Game🌟

Jessica Bryantさん(@jess__bryant)がシェアした投稿 –

ハーパー夫妻。

元チームメイトのマット・シーザー夫妻。

Literally the first swing and @jessica_delp does this!haha the phone is ok though! #powerhitter

Kris Bryantさん(@kris_bryant17)がシェアした投稿 –

奥さんのバッティング。

日本人から見てもわかりやすく男前のブライアントです。

そういえば、メジャーリーガーにしては珍しく(?)両親の画像がなかったな。
MLB昇格時にお父さんと抱擁。
お父さんは元マイナーリーガーということなので二世選手になるようですね。



FAは21年オフになりますが、それより先に長期大型契約を結ぶことが予想されます。
18年のマチャド、19年のアレナドの契約が1つの目安になるかな?
ここまで順調に成長していますが、この調子でMLBを代表するスーパースターとしての活躍を期待したいですね!

スポンサードリンク