カージナルスなどでクローザーとして活躍したジェイソン・イズリングハウゼン
アマチュア時代は野手として活躍して、プロ入り後に投手転向したようですね。
MLBでも2本塁打を打ち、通算打率も2割を超えているので打力もあったようです。

スポンサードリンク

ジェイソン・イズリングハウゼンのハイライト

95年にメッツでデビューしたイズリングハウゼン。
当時は先発としての有望株で、1年目は14試合に先発9勝2敗防御率2.81と活躍。
ポール・ウィルソン、ビル・パルシファーと共に「ジェネレーションK」として期待されています。


しかし先発としては大成せず、アスレチックス移籍後の00年にクローザーとしてブレイク。

33セーブを記録するなど地区優勝に貢献しています。

ポストシーズン初登板でセーブも記録しています。

翌01年もDSでヤンキース相手に2戦2セーブ。
でもアスレチックス時代はポストシーズンを勝ち進むことができませんでしたね。



01年オフにFAでカージナルスに移籍。

1イニングを9球で3者連続3球三振。

04年は球団記録の47セーブで、キャリア唯一のセーブ王のタイトルも獲得しています。

さらにリーグ優勝にも貢献しています。

11年に古巣メッツで通算300セーブを達成。
これがキャリア最後のセーブで、翌12年エンジェルスを最後に引退しています。

スポンサードリンク

ジェイソン・イズリングハウゼンのインスタ画像まとめ

それではイズリングハウゼンのインスタ投稿をピックアップ。

こちらの美女が奥さんかな。

View this post on Instagram

What I’m thankful for♥️♥️♥️♥️#mygirls

Jason Isringhausenさん(@isringhausenj)がシェアした投稿 –

娘さんも2人。

View this post on Instagram

EASTER DUCKS

Jason Isringhausenさん(@isringhausenj)がシェアした投稿 –

下の子がパパ似ですね。

優秀な遺伝子を受け継いでいるのかな。


先発の有望株がリリーフ転向で開花というよくあるケースでしたね。
まあ、よくあるケースとは言うものの、他のジェネレーションKの2人がそうであったようにそのまま消える方が多いわけですからね。
クローザーとして長く活躍し、素晴らしいキャリアを送っています。

スポンサードリンク