アメリカでは特大ホームランのことを「テープメジャーホームラン」という言い方をすることがあります。
テープメジャーというのは、巻き尺のことですね。
僕の地域では「メジャー」と言うけど、日本ならどこでもメジャーって言うのかな?

テープメジャーホームランというのは、テープメジャーで測りたくなるような特大ホームランという意味です。

スポンサードリンク

テープメジャーホームランの由来

特大ホームランがテープメジャーホームランと言われるようになったきっかけがあります。
これは史上最高のスイッチヒッターと言われるヤンキースのミッキー・マントルの特大ホームランが由来です。

マントルがあまりに飛ばしたので、広報担当がテープメジャーで測ったところ172.2メートルもあったと言われます。
まあ、正確に計測したわけじゃないとはいえ、とんでもない飛距離だったのは確かでしょうね。

それ以来、テープメジャーで測りたくなるような特大ホームランを「テープメジャーホームラン」などと言われるようになったとされます。
他にも「テープメジャーショット」とか「テープメジャーブラスト」とか、いろいろな言われ方がありますね。
テープメジャーの他には「モンスター○○」とか「マンモス〇〇」とかもありますね。


OBのテープメジャーショット

それではMLB公式のYOUTUBEチャンネルにあった、往年の強打者のテープメジャーショットを紹介します。

レジー・ジャクソン。

レジーはこちらのオールスターでのホームランも伝説的。

バリー・ボンズ。

ケン・グリフィー・ジュニア。

アンドレス・ガララーガ。

マーク・マグワイア。



マイク・ピアッツァ。

マニー・ラミレス。

アレックス・ロドリゲス。

フレッド・マグリフ。

アダム・ダン。

プリンス・フィルダー。

ジェフ・バグウェル。

強打者というには弱いですが、巨人でプレーしたギャレット・ジョーンズも特大の一発。

スポンサードリンク

現役選手のテープメジャーショット

それでは現役の強打者も。

ヨエニス・セスペデス。

マット・ホリデイ。(実質引退状態?)

ノーラン・アレナド。

ジャンカルロ・スタントン。

ミゲル・カブレラ。

アーロン・ジャッジ。
しかし、こうして見るとやはりステロイド時代の強打者は凄いですねー。


ミッキー・マントルのホームラン

50年代に活躍したミッキー・マントル。
歴史上の人物ぐらいの印象ですが、動画も残っています。

こちらは通算500号ホームラン。

ポストシーズン最後のホームラン。
ちなみに18本のホームランを打っています。

こちらが全盛期の56年ワールドシリーズで打ったホームランです。
マントルと言えば飛距離にこだわったとも言われる強打者ですが、さすがの特大ホームランですね!

まあ、マントルよりも凄いのは、この実況がビン・スカリーってことですね。笑
この人が16年までドジャースの実況アナを務めたんだから、そりゃあ生ける伝説と言われるわけです。
歴代の名選手のプレーを生で見て、それを伝え続けてきたんですからね。

日本だったら国民栄誉賞は当然のこととして、人間国宝ものですからねー。
MLBもいずれビン・スカリーの名前を付けた賞を作るかもしれませんね!

スポンサードリンク