アスレチックスでプレーしていた捕手のブルース・マックスウェル

MLBで唯一、ニーリング(人種問題への抗議の意思表示)をした選手として、実績の割に抜群の知名度を誇っています。

ブルース・マックスウェルの動画

16年にアスレチックスでデビューしたマックスウェル。

MLB初ホームラン。

キャリア唯一の三塁打。


ファウルフライをナイスキャッチ。

盗塁阻止。

ファウルチップが直撃。

19年はメキシカンリーグでプレー。
打高のリーグですが打率.325 24本塁打を打つ活躍を見せています。

しかし、ニーリングに加えてデリバリーの配達の女性に銃を向ける問題も起こしてしまいました。
ちょっとMLBの復活は厳しそうですね。

スポンサードリンク