ヤンキース生え抜きの名外野手ブレット・ガードナー

メジャーリーガーとしては小柄な選手ですが、近年はパワーも付いてきた選手。
17年には21本塁打を打っています。

スポンサードリンク

ブレット・ガードナーの打撃

08年にヤンキースでデビューしたガードナー。

足と守備がある当時のヤンキースには珍しかった貴重な選手です。

デビュー早々にサヨナラヒットも打っています!

1ヶ月後にもサヨナラヒット。
当時は目立った選手ではないのですが、さすがは後のスター選手です。

14年にはヤンキース球団15000本目のホームランも打っています。

こちらは2点ビハインドの9回2アウトから逆転スリーランです!

17年には通算1000安打を記録しています。
もっと打っていそうなものですけどね。

17年のワイルドカードゲームでのホームラン。

DS第5戦でも粘りに粘って9回に貴重なタイムリーを打っています!



10年にはダブルヘッダーで1日5盗塁。
同年は47盗塁、翌11年には49盗塁でキャリア唯一の盗塁王となっています。

こちらは内野安打から、二盗、三盗を決めて得点に結びつけました。
もっとも5点リードで投手は無警戒なので、マナー的にはよろしくなかったかもしれません。

17年終了時で241はヤンキース歴代3位の盗塁数。
1位のジーターはともかく、2位のリッキー・ヘンダーソンは意外な印象です。


ブレット・ガードナーが暴れる

他の小柄なメジャーリーガーもそうですが、やはりガードナーも激しい闘争心の持ち主。

こちらはベンチでバットを振り回して暴れています!

球団OBのポール・オニールと比較される暴れっぷり。笑
これが悪いこととみなされないのは日米価値観の違いですね。

こちらは審判に食ってかかるガードナー。
この角度からではわかりませんが、これだけ怒るのだからボールだったのでしょう。

こうしてルール通り退場を宣告できるのも日米の違い。
日本はNPBじゃなくて球団の方が権限を持っているので、退場させるといろいろ面倒なんでしょうね。
たしか報告書を書かなきゃいけないし、球団からNPBを通じて文句を言われることもあるんでしょうし・・・。


ブレット・ガードナーの守備

16年のゴールドグラバーであるガードナーです。

サブウェイシリーズでの素晴らしいキャッチです!

同年のシリーズで同じくダニエル・マーフィーのホームラン性の打球をキャッチ!

こちらは素晴らしいスライディングキャッチです!

ダイビングキャッチ。



スライディングキャッチ。

こちらはファールフライをナイスキャッチ。

スタンドに落ちながらもキャッチです!



肩は強くないガードナーですが、こちらは素晴らしい送球でした!

後のチームメイトであるチェイス・ヘッドリーもアウトにしています。

スポンサードリンク

ブレット・ガードナーの守備ハイライト

ガードナーのハイライトといえば16年のプレーです。
1点リードの9回2アウト満塁の場面で、素晴らしいキャッチを見せました!

逆転タイムリーを見事なキャッチでしたね!

同年にはロングランから素晴らしいホームランキャッチも。
ゴールドグラブ賞を受賞しているシーズンだけあって、印象的な好プレーを見せています。

また、こちらは観客がホームランボールを投げ返して、ガードナーの頭に当たるアクシデントです。
これに関してガードナーは決して怒ったりせず男を上げました。


ブレット・ガードナーの約束のホームラン

ガードナーのハイライトと言えば09年のランニングホームランです。
試合前に交流した心臓病の少女から「ホームランを打てるお守り」とブレスレットをプレゼントされたガードナー。
スタメンから外れるも、ジョニー・デーモンの退場で途中出場すると見事にランニングホームランを打ちました!

レフトが打球処理を誤るハプニングも起きていますね!
さらに同日、少女のドナーが見つかり病気も快復するというまさに奇跡の出来事でした。

日本のバラエティ番組でも紹介されたこともあるエピソードですね。



ガードナーは2日前にMLB初ホームランを打ったばかり。
同年は3本塁打で二塁打も6本とパワーがある選手ではないのですが、ランニングホームランが出るんですからねー。
本当に奇跡的な出来事でした!



オプションを含めると19年まで契約が残っていますが18年オフにFAとなる可能性も高いガードナーです。
ヤンキース最古参のベテラン選手となっていますが、チーム状況を考えると再契約の可能性は低いですからね。
18年もしっかりと活躍をしてオフを迎えてもらいたいところです。

スポンサードリンク