タイガースのエース格投手へ成長の兆しを見せているマシュー・ボイド

15年シーズン途中にデビッド・プライスとのトレードでブルージェイズから移籍した投手ですね。

View this post on Instagram

Merry Christmas from the Boyds! A savior is born!

Matthew Boydさん(@matt_boyd48)がシェアした投稿 –

美人の奥さんです。

スポンサードリンク

マシュー・ボイドの投球

15年にブルージェイズでデビューしたボイド。

デビュー早々にタイガースへトレードされています。

タイガースデビュー戦は7回1失点の好投。

4回1/3を無失点のロングリリーフ。

6回2アウトまでノーヒット。

6回8奪三振。

バントフライをキャッチ。

18年に初めてローテを守って9勝13敗 防御率4.39。
弱いチームなので数字はついてきませんが・・・。

18年の奪三振率は8.4ですが、19年はイニング数を上回るペースで三振を奪っているようですね。

カーブ。

スライダーが武器の投手ですね。

お父さんも野球選手だったのかな。
体格も良いですね。

View this post on Instagram

Loading up! #GoTigers

Matthew Boydさん(@matt_boyd48)がシェアした投稿 –

チーム状況はよくないタイガースですが、未来まで暗いわけではないですからね。
ボイドもエースへと成長しチーム再建の立役者へと飛躍してもらいたいですけど。
ただもう28歳と若い投手ではないので、再建が遅れそうならトレードもありそうですね。

スポンサードリンク