Dバックスなどで活躍した巧打者のルイス・ゴンザレス
巨人にも同名の内野手がプレーしたことがありますが、こちらのゴンザレスはMLBスター選手ですね。
球団史上初の世界一に大きく貢献したDバックスの英雄です。

View this post on Instagram

あの有名エピソード!!17年前の今日 ランディ・ジョンソン元投手の 豪速球と鳩が激突した日だそうです😂⚾️ 2015年にはアメリカ野球殿堂入りも されている知る人ぞ知る ランディ・ジョンソンさん! そんな偉大な方にSpringキャンプでは 投球を見て頂きました⚾️✨ そしてその投球を受けて下さったのは ルイス・ゴンザレス元外野手です✨ 何て幸せなお時間😭💜 ありがとうございました🙇‍♀️!! #mlb #mlbjapan #野球 #野球女子 #springトレーニング #春季キャンプ #アリゾナ #メジャー #majestic #majesticathletic #投球練習 #ニューエラ#鳩 #ミサto #野球最高 #レジェンド

坪井ミサトさん(@misato1030)がシェアした投稿 –

野球女子でお馴染みの坪井ミサトさんと、元チームメイトのランディ・ジョンソン。

ゴンゾ相手に良いピッチング。

スポンサードリンク

ルイス・ゴンザレスのハイライト

90年にアストロズでデビューしたゴンザレス。
91年からレギュラー格の選手ではありますが、レフトの選手としては物足りない打力です。
本格的にブレイクしたのは99年にDバックス移籍後ですね。



ちなみにトレード相手はオリックスでもプレーしたカリーム・ガルシア。
ガリシアは伸び悩んだのでタイガースの球団史に残る失敗トレードになっています。

99年には30試合連続安打も記録。
打率.336 26本塁打 111打点 出塁率.403 リーグ最多の206安打を打っています。

サヨナラホームラン。

00年には球団史上初のサイクルヒットを達成。

04年には1試合3本塁打。

05年には通算300号ホームランを達成。
最終的に354本塁打を打っています。

07年にはトロピカーナ・フィールド名物のエイが入った水槽にホームランを打ちこみました。
98年から使われている球場ですが、これが初というのが意外ですね。

スポンサードリンク

ルイス・ゴンザレスの世界一決定サヨナラ打

ゴンゾと言えば、やはり自己ベストのシーズンである2001年の大活躍です。

4月にはリーグタイ記録となる13本塁打と爆発。

6月には1試合3本塁打を記録するなど、シーズン57本塁打を打っています。
それまでのキャリアハイが前年の31本、その他のシーズンでは30本台を打ったこともない打者です。
それだけに当然のようにステロイド使用疑惑が出てしまいましたね。



そして、なんといってもヤンキースとのワールドシリーズです。
01年のWSは史上屈指の名シリーズと言われ、特にヤンキースにとっては9.11があった直後ですからね。
そういうこともあって熱狂的なシリーズになっています。

ゴンゾは第1戦でホームランを打っています。

第7戦はヤンキースが世界一を間近にして、トニー・ウォマックがマリアノ・リベラから同点タイムリー。

その直後にゴンゾが世界一を決めるサヨナラ打を打ちました!
前進守備の後ろに落ちる当たりですが、ヤンキースとしてもどうしようもなかったですね。
この活躍もあり背番号20はDバックスの永久欠番になっています。



高校時代はヤンキースの主力打者だったティノ・マルティネスとチームメイトであることも知られます。
良くも悪くも01年の活躍が印象的な選手ですが、Dバックスでの8年間は出塁率.391と一流の数字です。
主要タイトルの獲得はなくシルバースラッガー賞も1度だけですが、球団史に残る名選手ですね!

スポンサードリンク