MLBで実働10年プレーした内野手のロニー・セデーニョ

こちらは口ひげを書いてプレーするセデーニョ。
消去法でレギュラー選手だった時期もあるのですが、消去法にしてもレギュラーとしては物足りない数字でしたね。
有望株だったのですがMLBでは結果を残すことができませんでした。

スポンサードリンク

ロニー・セデーニョの打撃

05年にカブスでデビューしたセデーニョ。

10年パイレーツ時代のサヨナラ打。

同年2本目のサヨナラ打。

9回にセーフティースクイズ。

スポンサードリンク

ロニー・セデーニョの守備

キャリアの多くをショートで過ごしているセデーニョ。

ジャンピングスロー。

ダイビングストップ。

ジャンピングキャッチ。

延長12回のピンチでダブルプレー。

スピンスロー。

レフトまで走ってナイスキャッチ。

これは素晴らしいプレーですね!

MLBでのプレーは15年が最後ですね。
通算出塁率は3割を切り、守備も平均以下では10年プレー出来ただけでも大成功ですが。
それくらい才能があって評価されていた選手ということですね。
マイナーでは結果を残していただけに、残念な伸び悩みでした。

スポンサードリンク