NPBを代表する好プレーというのは、人それぞれ思い浮かぶものは違うと思います。
そもそも1つに選べというのが難しいかもしれませんね。
そんな中で確実に候補の1つとなるであろうプレーが、81年山森雅文さんのプレーです。

これはアメリカの野球殿堂にも入っている日本を代表する好プレーですね!
ちなみに打者は弘田澄男さんで、投手は山田久志さんです。

スポンサードリンク

イチローのスパイダーマンキャッチ

イチロー選手の好プレーといえば、レーザービームを思い浮かべるかもしれませんね。

これもイチロー選手を代表する好プレーですが、もう1つスパイダーマンキャッチもありますね!

05年に見せた見事なホームランキャッチです!
レーザービームに比べると知名度が低いプレーなのですが、負けず劣らず素晴らしいプレーです。


ケン・グリフィー・ジュニアのスパイダーマンキャッチ

スパイダーマンキャッチといえば、ケン・グリフィー・ジュニアです。

いろいろあるのですが、たぶんこれが代表的なホームランキャッチとして語り継がれているはず・・・。

これも見事なスパイダーマンキャッチです!

こちらは巨人でもプレーしたジェシー・バーフィールドの通算200号をホームランキャッチです。

お父さんのケン・グリフィー・シニアも見事なスパイダーマンキャッチ!

こちらはマリナーズのマイク・キャメロンのスパイダーマンキャッチ。
このときはジュニアとのトレードでマリナーズに移籍したばかりです。
マリナーズファンのハートも掴んだことでしょう。

スポンサードリンク

17年のスパイダーマンキャッチ

MLBの球場はホームランキャッチが出るように計算して作られています。
積極的に捕りに行くのでホームランキャッチも少なくありません。

こちらはホワイトソックスのアダム・エンゲルが見事なスパイダーマンキャッチです!

マーリンズのマーセル・オズナ

レッズのスコット・シェブラーも素晴らしいスパイダーマンキャッチです!
よくもまあ、こんなキャッチが出来るな。

Nice night for a climb. Swipe ⬅️ for video!

MLB.com's Cut4さん(@mlbcut4)がシェアした投稿 –

高いフェンスでのホームランキャッチ

冒頭で紹介した山森さんのホームランキャッチも、ラッキーゾーンの高いフェンスをよじ登ってのプレーでしたが。
あのような高いフェンスをよじ登ってのプレーは、そう見られるものではありません。

MLBでは15年にブルージェイズのケビン・ピラーが高いフェンスを蹴り上げてキャッチを見せています!

本当によくこんなキャッチができるものですね・・・。
短期間でもこれだけの好プレーがあるんだから、MLBには凄いスパイダーマンキャッチがたくさんあるでしょうねー。

スポンサードリンク