先日、巨人の若林晃弘選手が19年の初打席で死球をくらってしまいました。
そして、翌日には登録抹消ということで・・・。
丸選手のホームランの直後の死球だったことも印象が悪くなってしまいました。

まあ、勝敗に直結する場面ですからホームランを打ったときのドヤはマナー違反というほどのことではないと思います。(腹は立つと思うけど)
丸ポーズというボブルヘッド人形みたいなヤツも、腹は立つかもしれないけどベンチで仲間内でやるぶんにはね。
(ちなみに観客を煽るようなパフォーマンスは厳密に言うとルールで禁止されています)

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 若林晃弘(巨人)が死球で抹消へ。MLBではバット投げから乱闘に発展

フランスアが故意死球を与えたはとは言わないですけどね。
あの場面の死球はそういう風に見られることもあるわけですから、後味が悪かったですね。

若林選手は17年ドラフト6位でJX-ENEOSから入団。
18年は二軍で67試合に出場し打率.303 7本塁打 出塁率.390と活躍。
大卒社会人ということで即戦力としての活躍が期待される選手です。

二軍では結果を出しているだけに、一軍で即抹消となったのは残念でしたね。
なかなか競争も激しいだけに、本人もチャンスを活かせなくて悔しいでしょうね。

スポンサードリンク

MLBでは乱闘騒ぎに発展

一方でMLBではバット投げからの故意死球で乱闘騒ぎに発展しました。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 若林晃弘(巨人)が死球で抹消へ。MLBではバット投げから乱闘に発展

丸選手の場合は同点の8回裏のツーランという、勝敗に直結する一発でしたが。
こちらのティム・アンダーソンは0-0で同点の4回ですからねー。
それでこのドヤはマナー違反ですけど。

そりゃあ、完璧なホームランを打てば気持ちがいいでしょうけどねー。
スポーツは相手があることですから、相手の気持ちも考えないといけないと思いますけど。



マナー違反だからぶつけるというのは、それはそれで問題という声も当然あるわけですが。
僕は裏で揉めるよりはグラウンド上、プレー中に喧嘩する方がいいと思うけどね。
そういう問題でもないか。笑

View this post on Instagram

LET THE KIDS PLAY.

MLB's Cut4さん(@mlbcut4)がシェアした投稿 –

それにしても、これは完全にやりすぎだな。
ポストシーズンでもこれだけやれば揉めるだろうに、4月の試合でしかも勝敗に直結しない一発だもんな。
これはアンダーソンが悪いな・・・。

スポンサードリンク