日刊ゲンダイで阪神タイガースの藤浪晋太郎投手のトレードの可能性について言及している記事が話題になっていますね。

相変わらずの匿名コメントの嵐ですが。
まあでも、僕の言いたいこともゲンダイの記事に書かれているから切って捨てることもできないですね。笑

スポンサードリンク

藤浪晋太郎がトレードされる可能性

実際に藤浪投手がトレードに出されるようなことがあるのかというと、その可能性は限りなく低いでしょう。
記事にも書かれているように、現在の阪神は藤浪投手が復活するに越したことはないけど、駒はある程度揃っている状態だと思われます。



そもそも、ここ2年不振が続いている投手を計算して編成はしないでしょうからね。
単純な戦力的な意味では、藤浪投手がトレードされてもおかしくはない段階です。

ただ、だからといってトレードが実際に行われるかといえば、やはり可能性は低いと思います。
記事にあるように地元出身のスター選手だから、親会社の意向も反映されるのかは知らないですよ。



ただ阪神に限った話ではなく、NPBで行われるトレードと言えば毒にも薬もならないようなものが一般的です。
近年では日ハムが戦力として活躍している選手をトレードして話題になるけど、本当にそれくらいじゃないかな?

他球団に出して活躍(復活)されるぐらいなら、飼い殺しにするという印象が強いですからね。
また、我々ファンからすればトレードに悪いイメージはないけど、選手からすればまだまだ左遷的なマイナスイメージも残っているようです。

巨人の上原投手もMLBでトレードされたとき、日本的な感覚からマイナスイメージを持ったという話をされていましたけど。

まだまだNPBにそのような価値観が残っているということは、余計にでも地元スター選手の藤浪投手を出すことはないんじゃないかなと。

阪神の歴代スター選手と言えば、どこか後味の悪い最後というイメージがあるかもしれません。
藤浪投手もそんな空気感すら漂ってきていますが・・・。




藤浪投手もトレードとなれば、興味のある球団も複数出てくると思いますけどね。
本人のためにも環境を変えるという選択肢があってよいと個人的には思いますけど。

スポンサードリンク

藤浪晋太郎はイップスなのか?

そもそも制球難が話題になっている藤浪投手ですが、それが技術的なことなのか精神的なことなのかは、はっきりとわからないみたいですね。
技術的なことだと言われているようですが、精神的な問題(イップス)はなぜか悪いイメージがあるので、それを隠している可能性もありますし・・・。


素人考えで言えば、技術的な問題であれば、多少なりとも克服できるんじゃないかと思ってしまいますけど。
それが続いているということは、程度の差はあれ精神的なこともあるのかなと。

ただまあ、その精神的なことというのも必ずしもイップスというわけでもなく・・・。
彼は元々制球が良い投手ではないですから、壁にぶつかってそれを克服できないだけの可能性もありますし。




藤浪投手と言えば大阪桐蔭のエースとして甲子園春夏連覇を達成。
プロでも阪神という地元の人気球団で、1年目から10勝をあげるなど順調にエリートコースを歩んでいますからね。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 藤浪晋太郎(阪神)のトレードの可能性。制球難の原因は精神面の問題なの?

それが野球人生で初めてかもしれない壁にぶつかって、それに対処できないでいるのかもしれません。
藤浪投手に限らずプロ野球選手なんて、アマチュア時代に壁にぶちあたった選手の方が少ないかもしれないですし。



プロ入り後に初めての壁を経験し、うまく対処できずに結果を残せないまま消えていった選手だって山ほどいるわけです。
藤浪投手なんてアマチュア時代から注目度も高く、プロ入り後も人気球団で活躍したんだから余計に挫折が大きいかもしれません。

何にしても、僕は藤浪投手にも環境を変えるという選択肢があっていいと思いますけどね。
今年25歳という若い投手ですから、阪神が復活の可能性を捨てきれないのもわかります。




お話にならないほどボロボロの状態というわけではないので余計にでもね・・・。
ただ、いまの藤浪投手であればそれなりの交換相手が獲得できるかもしれないし。

トレードの可能性を模索するぐらいは、球団のためにも藤浪投手のためでもあると思いますけどね。
あれだけの逸材ですから、阪神でも他球団ででもいいので復活してもらいたい気持ちです。

スポンサードリンク