MLB公式がツイッターで先週の最高の瞬間ベスト5をピックアップしました。

1位が大谷翔平投手の活躍ということもあり日本でも取り上げられていましたね。
僕も改めて5つのシーンを紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

5位・ジェームズ・パクストンにワシが舞い降りる

これはとても印象的な出来事でしたね!
マリナーズのジェームズ・パクストンの肩にワシが飛んできました!

もちろんこれは野鳥ではなく、イベントの演出として参加したワシです。
本来なら職人さんのところに戻るはずが、パクストンの方に行ったようです。笑
僕は最初にYOUTUBEで見たのですが、サムネを見てCGかと思いました。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - MLB公式が選んだ先週の最高の瞬間ベスト5の動画。元巨人の監督も!

4位・フィリーズが20得点で大勝

4位はフィリーズがマーリンズ相手に20得点を奪った大勝した試合です。
マイケル・フランコアーロン・アルテールにはグランドスラムが飛び出しています。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - MLB公式が選んだ先週の最高の瞬間ベスト5の動画。元巨人の監督も!

ちなみにフィリーズの監督は05年に巨人でもプレーしたゲーブ・キャプラーです。
活躍はできませんでしたがボディビルもやっているということが話題になったので、印象には残った選手ですね。

Embed from Getty Images

現在も現役選手のような体型でかっこいいですが、監督としての手腕は必ずしも評価が高くありません・・・。
フィリーズ黄金期の監督チャーリー・マニエルは日本でもプレーし赤鬼と恐れられた選手です。
まだ始まったばかりだし、キャプラーにも監督としての手腕を発揮してもらいたいですね。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - MLB公式が選んだ先週の最高の瞬間ベスト5の動画。元巨人の監督も!

せっかくなので現役時代の好プレーを。
こちらは05年の巨人退団後レッドソックスへ復帰してから見せたダイビングキャッチです。

スポンサードリンク

3位・アンドリュー・マカッチェンが6安打サヨナラ本塁打

3位はジャイアンツのアンドリュー・マカッチェンの活躍です。
1試合6安打の大活躍で、最後は延長14回に逆転サヨナラスリーランを打っています!

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - MLB公式が選んだ先週の最高の瞬間ベスト5の動画。元巨人の監督も!

前年までパイレーツのフランチャイズプレーヤーとして活躍した選手です。
かつてのMVPですし、新天地でもしっかりと結果を残してもらいたいですね!

Embed from Getty Images

2位・雪を食べるフェルナンド・ロドニー

2位は4日のパイレーツ対ツインズ戦。
雪の中で登板したフェルナンド・ロドニーが雪を食べる仕草を見せて、試合を締めくくりました!

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - MLB公式が選んだ先週の最高の瞬間ベスト5の動画。元巨人の監督も!

日本では考えられませんが雪の中での試合というのはこの時期の風物詩でもありますね。
寒そうにフードをかぶってプレーする選手たちの姿もお馴染みです。

Embed from Getty Images

1位・大谷翔平の投打に活躍

そして1位となったのは大谷翔平投手が投打に活躍したシーンです。
特に初ホームラン後のサイレント・トリートメントが日本でも話題になりましたね。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - MLB公式が選んだ先週の最高の瞬間ベスト5の動画。元巨人の監督も!

週間MVPにも選ばれるなど、素晴らしい活躍を見せています。
まあ、予想外とまでは言わなくとも、予想以上の活躍ではありますね!

The Greatest Sho on Earth. Congratulations to #ShoTime on his first Player of the Week honors!

Los Angeles Angelsさん(@angels)がシェアした投稿 –

ただこれから相手が対策もしてくれば、体力的に疲れもどんどん出てくるでしょう。
MLBでは移動が大変と言われますが、何が大変って「時差がある」ことです。
最初は慣れないのが当然だし、体への負担も大きなものになってくるでしょうからね。
異国の地での生活でもあるし、精神的にも辛いことがあるでしょうし・・・。

Embed from Getty Images

大谷投手の場合は起用法が特殊で、前例がないだけに球団の対応も難しいものになります。
かつてクローザーを固定しない戦略を採用した球団が「継投についてマスコミに聞かれるのが嫌になったから辞めた」という冗談みたいなこともあったようです。
まあ、それは本当に冗談の理由かもしれませんが・・・。笑

大谷投手に関しても球団はマスコミ対応が面倒くさかったり、結果がでないと起用法に対する批判もいっぱい出てくるでしょうからね。
グラウンド外でも壁に当たったとき、どのような適応していくか注目となります。

スポンサードリンク