パイレーツの主砲候補であるスイッチヒッターのジョシュ・ベル

フルシーズン1年目の17年に26本塁打90打点と活躍。
マイナー時代から期待された有望株ですが、見事に結果を残しています。

こちらは小さな兄弟にファンサービス。

My dad might look big but my mom has always been the boss of the house! Always love when they come watch me play!

Joshua Bellさん(@bell.josh19)がシェアした投稿 –

こちらはご両親。
さすがに体格が良いですね!

スポンサードリンク

ジョシュ・ベルの打撃

16年にパイレーツでデビューしたベル。

MLB初ヒット。

初ホームランは翌日にグランドスラム!

特大のホームラン。

サヨナラスリーラン。

ツタに絡まり二塁打。

アンドリュー・マカッチェンを襲うファール。

スポンサードリンク

ジョシュ・ベルの守備

守備はファーストを守るベル。

かなり際どいタイミングですがチャレンジでもアウトになっています。

外野を守り試合を締めくくる好プレー。

こちらはセカンドに任せています。


17年にパワーを発揮したベルですが、18年は本塁打も大きく減っていますね。
マイナーでもホームランが多いタイプではなかったので、17年が異常だったのかな?
でも四球も選べるタイプなので、パワーヒッターに成長してくれる可能性もありそうですね。

スポンサードリンク